人生で一番おいしかったカニ料理は漁師飯

私が人生で一番おいしいと思ったカニ料理は漁師の方が作っていただいたいわゆる漁師飯です。

カニの種類は忘れてしまいましたが、漁師の方に獲れたてのカニを料理していただいたことがありました。鮮度がいいうちに食べるのが一番おいしくてオススメということで、その場で料理していただきました。その漁師飯というのが獲れたてのカニを海水で煮るだけという至ってシンプルなものでした。そんなに簡単なものなのにおいしいのか疑問でしたが、いざ食べてみると驚くほどおいしかったです。鮮度がいいということもありカニの味は抜群に良かったです。また海水を使って煮ることでちょうどいい塩加減になっていました。簡単ですぐ完成するのに今まで食べていたカニとは全くの別物のように思えました。

地元の漁師さんに聞いたところこの食べ方は漁師さんなら普通なのだそうです。もちろんこの方法でおいしく食べるには獲れたてのものが一番いいので地元の人でもなかなか食べる機会がないと言っていました。そんな貴重な食べ方をできて感動しいい思い出になりました。

未だにあの味を超えるカニ料理には出会えていません。またチャンスがあればあのおいしい漁師飯を食べたいと心から思っています。

美味しくて安い蟹の通販ショップ

京都丹後半島の「松葉かに」

京都丹後半島で水揚げされる「松葉かに」は、生きたまま水揚げされるので鮮度が良く、一般的に高い評価を受けています。

また、丹後半島で水揚げされる「松葉かに」は、オスとメスでは、呼び名が違うことを知っていますか?

オスは「松葉かに」、メスは「せこ蟹」と呼ぶそうです。

【オス】

かには脚が折れ曲っていますが、まっすぐに伸ばすと、オスの体長は約70センチにもなるそうです。

「松葉かに」の魅力は何といっても身入りの良さです。

脚にも身がたっぷりと詰まっています。

茹でると全体的に透明なブラウンになりますが、ひっくり返して腹を見てあめ色になっていたら、クオリティーが高いカニという証拠だそうです。

【メス】

メスの呼び名は「せこ蟹」、オスの半分の大きさだそうです。

外と内に卵があり、食べると濃厚な旨みがあり、胴や脚にも身がいっぱい詰まっていて、かに味噌も美味しく、全体的に余すことなく、カニのうま味を堪能することができます。

<総括>

「松葉かに」などのブランドカニには、水揚げされた港のタグがカニに付けられているので、一般に水揚げされるカニとは区別されています。

丹後半島や兵庫県の港で水揚げされる「松葉かに」は5種類、間人ガニ(たいざカニ)、大善ガニ、津居山ガニ、浜坂ガニ、柴山ガニの5種で、水揚げされる港名がつけられています。