京都丹後半島の「松葉かに」

京都丹後半島で水揚げされる「松葉かに」は、生きたまま水揚げされるので鮮度が良く、一般的に高い評価を受けています。

また、丹後半島で水揚げされる「松葉かに」は、オスとメスでは、呼び名が違うことを知っていますか?

オスは「松葉かに」、メスは「せこ蟹」と呼ぶそうです。

【オス】

かには脚が折れ曲っていますが、まっすぐに伸ばすと、オスの体長は約70センチにもなるそうです。

「松葉かに」の魅力は何といっても身入りの良さです。

脚にも身がたっぷりと詰まっています。

茹でると全体的に透明なブラウンになりますが、ひっくり返して腹を見てあめ色になっていたら、クオリティーが高いカニという証拠だそうです。

【メス】

メスの呼び名は「せこ蟹」、オスの半分の大きさだそうです。

外と内に卵があり、食べると濃厚な旨みがあり、胴や脚にも身がいっぱい詰まっていて、かに味噌も美味しく、全体的に余すことなく、カニのうま味を堪能することができます。

<総括>

「松葉かに」などのブランドカニには、水揚げされた港のタグがカニに付けられているので、一般に水揚げされるカニとは区別されています。

丹後半島や兵庫県の港で水揚げされる「松葉かに」は5種類、間人ガニ(たいざカニ)、大善ガニ、津居山ガニ、浜坂ガニ、柴山ガニの5種で、水揚げされる港名がつけられています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です